• 個人調査
  • 個人調査
  • 個人調査
韓国人との金銭トラブル調査と訴訟
韓国人との金銭トラブル調査と訴訟

韓国人との金銭トラブル調査と訴訟

様々な形で、日本と韓国の個人間で金銭トラブルが生じています。友人だと思っていた韓国人にお金を無心され、貸した直後に音信不通になった、韓国のネット通販業者と物品の取引をしたが、お金を振り込んでも商品が届かないといったトラブルなど後を絶ちません。個人間の金銭トラブルは、大抵は民事訴訟として扱われますが、勝訴したとしてもお金が確実に戻ってくる訳ではありません。また、近年は巧妙な手口で詐欺を働く輩も多く、韓国人が関連した金銭トラブル被害は今後も増えていくものとみています。

金銭トラブルは、韓国人特有の人柄?

金銭トラブルは、韓国人特有の人柄?

実際、韓国では親しい中で金銭トラブルが起こるケースが多いです。「親しき仲であれば金を無心しても良い」といった風習があり、そこで貸与を渋れば、陰口を叩かれたり嫌がらせを受けたりする例もあります。韓国人と比べると気が弱い日本人は、韓国人の気質に押され、ついお金を無心してしまいます。お金が返ってこないケースも日常茶飯事で、泣き寝入りした日本人も少なくありません。

裁判でお金は戻ってくる?

裁判でお金は戻ってくる?

日韓間の金銭トラブルの訴訟は、大抵は民事訴訟として取り扱われます。しかし、証拠十分で勝訴したからといっても、貸した金額、騙し取られたとされるお金が100%確実に戻ってくるかというと、そうではありません。相手側に支払う意思があっても、(金銭的事情で)実質的に支払いが不可能と主張している場合、お金は戻ってこないケースもあります。あくまで裁判官は、裁判において各々の証言に基づいた判決を下しますが、勝訴しても、相手側に事実上の支払い能力が無ければ、無理矢理取り立てることは出来ないのです。

訴訟での調査以外は民間調査会社で対応できます。

訴訟での調査以外は民間調査会社で対応できます。

お問い合わせ

  • お問い合わせ