• 個人調査
  • 個人調査
  • 個人調査
民事、刑事事件に必要な調査
民事、刑事事件に必要な調査

民事、刑事事件に必要な調査

民事、刑事事件ともに、訴訟による裁判を円滑に進めていくために、韓国では事前に調査を行うことがあります。予め対象者の身辺調査、行動調査、疑惑のある日の行動パターン、写真、画像などの収集、関係者の証言を得ておくことで、事件の被害者、被疑者の発言、証言内容をより信憑性のある、明確なものにすることが出来ます。「事件」という言葉でくくってしまうのは大袈裟に捕らえられてしまうかも知れませんが、こんな時代です。いつ我々の身近に何が起きるかわかりません。明日、韓国が関連した刑事事件に巻き込まれてしまうことも無いとはいえません。その為、あらゆる物事、可能性に目を光らせます。

民事事件に必要な調査

民事事件に必要な調査

人対人、また会社対人など、私人同士間の紛争が民事事件です。日韓関連の調査でよくあるものは、浮気や不倫が関連した不貞調査、お子さんや職場の方、ご近所の方などを、何らかの理由で調査する行動調査、身元不明の者、音信不通者の調査を行う行方調査などがあります。特に不貞調査は、両国間の離婚問題の増加から頻繁に行われます。かつては配偶者持ちが浮気行為をした場合、「姦通罪」として、刑事事件として取り扱われていた男女の不貞行為。(2015年2月廃止)しかし、犯罪行為ではなくなったといえ、儒教を重んじるこの国では道徳的概念も強く、不貞行為は民事訴訟として取り扱われることもあります。拠集めの為に、対象者が浮気相手の自宅に行った証拠画像、ホテルに一緒に入る瞬間の証拠映像などを、待ち伏せし、撮影することもあります。

刑事事件に必要な調査

刑事事件に必要な調査

事件を「刑事事件」として扱う為には、被害者側や親族が捜査機関に対象者への処罰を求め(刑事告訴)警察官が告訴に関連した証拠、書類などを検察官に提出し、「犯罪が確認できるもの」と受理されることで執行されます。証拠が不十分だと不起訴となり、刑事事件として取り扱うことが出来なくなってしまう場合があります。結婚詐欺、振り込め詐欺、保険金詐欺などの詐欺事件や、殺人、傷害、誘拐が関連したものが、刑事事件として扱われます。

民事事件と比較すると時間や手間も掛かる為、やはり有力な証拠を掴む為に、対象者の過去の足取りなど、事前に調査することもあります。

韓国の民間調査会社の紹介

韓国の民間調査会社の紹介

お問い合わせ

  • お問い合わせ