• 個人調査
  • 個人調査
  • 個人調査
素行調査と個人訴訟
素行調査と個人訴訟

素行調査と個人訴訟

個人の訴訟を円滑に進めていくために、対象者の行動を監視する素行調査を行う事があります。その人物の交友関係、現在の職場における役職や過去の仕事、退社理由、普段よく利用するお店、お金の遣い方などを徹底的に調査します。民事訴訟では、どのような小さな証拠も証拠能力が肯定されます。その為、些細な情報でも仕入れておくことで、証言が明確か、食い違いがあるかの大きな判断基準となります。また、韓国の民事裁判では偽証も多い為、素行調査を行う事で偽証対策にもなります。

韓国では偽証が多い

韓国では偽証が多い

 民事裁判、刑事裁判ともに、韓国の偽証行為は減少の兆しが見えず、問題視されています。被告と証言者とがグルになる形で、ときには予行演習まで行い、巧妙に偽証を行います。特に民事事件での偽証の蔓延さは酷さを増すばかりです。刑事事件と比較すれば、民事事件での偽証を受理したとしても総合的な負担は少ない為です。日本と比較すると、韓国において偽証罪で起訴された被告は比べものにならないほど多く、そういった意味でも確実な事前の素行調査は重要視されています。

浮気問題と素行調査

浮気問題と素行調査

浮気問題、離婚問題など、日韓での男女間のトラブルは絶えません。しかし、折角民事訴訟を起こしたにも関わらず、巧妙な偽証で日本人が裁判に負けてしまった例も少なくありません。このような事例を防ぐ為に、男女問題が関連した素行調査はよりシビアです。対象者の日常の素行から婚歴、交際歴、元交際相手との破局理由、その二人の間でのDVの有無まで徹底的に調査し、確実に慰謝料を請求できるよう、最善を尽くします。

韓国では訴訟以外の調査は弁護士にはできません。民間会社をご利用下さい。

韓国では訴訟以外の調査は弁護士にはできません。民間会社をご利用下さい。

お問い合わせ

  • お問い合わせ