• 法人調査
  • 法人調査
韓国企業とのトラブル調査と訴訟
韓国企業とのトラブル調査と訴訟

韓国企業とのトラブル調査と訴訟

日韓の企業間の取引、韓国の会社での就職、日本企業の韓国現地への企業進出など、ビジネス間での繋がりも太くなっている両国。しかし、その進出頻度や往来に伴い、トラブルが報告される件数も増えています。法人間のトラブル、個人と韓国の企業との間で発生するトラブルなど様々で、時として訴訟ごとに発展します。民事訴訟を行う場合、または刑事事件として取り扱う場合、いずれのケースにおいても、的確な状況証拠を把握する為に調査に乗り出すことがあります。

近年の日韓企業間のトラブル

近年の日韓企業間のトラブル

インターネットを介し、韓国の企業が日本の企業を相手に誘致したものの、契約上の利子や元金が返済されないといった金銭トラブル。また、日本の企業の商法動画や商品を違法アップロードするなど、著作権、知的財産権侵害に関するトラブルなどが近年目立ちます。調査を行う際、対象とされる企業のホームページに経歴詐称は無いか、過去から現在に至るまでの業績、主な取引先、社長の素行調査なども兼ね、訴訟における的確な状況証拠を収集する為、徹底的に調査を行います。

日韓の国民性が企業トラブルを引き起こす?

日韓の国民性が企業トラブルを引き起こす?

根本的に、両国のビジネスマンの仕事に対するスタイル、労働をして得た報酬に対する価値観からお金の遣い方まで全く異なります。例えば、何か少しでも自分達に非があると感じたらすぐに謝罪の言葉が出る日本人に対し、韓国人は基本的に自分の非を認めようとはしません。物腰が柔らかく、揉め事も基本的にオブラートに包み込む対応をしようとする日本人とは違い、韓国人は、何でもズバズバストレートにものを言います。お金の遣い方も、日本人より大雑把で、年長者は財力が無くても後輩には必ず奢り、お金の貸し借りも少なくありません。

このような、両国のビジネスに対する異なる価値観が、トラブルの理由となることもあります。

訴訟前に必要な情報は韓国の民間調査会社で

訴訟前に必要な情報は韓国の民間調査会社で

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせはこちら